サクラのいない出会いサイトを探そう♪
スパロボ図鑑【ち】


【チェーン・アギ】
小説版逆シャア、ハイストリーマーにて、とっさに手でビームを振り払おうとして、そのまま焼き殺された人
脳波コントロールにはこういう無意識の行動が反映されることもあるので、必ずしも良いとは言いきれない
何せ例えモビルスーツの腕でもビームは払い除けられないのだ!



【チェストブレイクとハーミットクラブ】
スパロボRで初登場、だが、RはMSのHPが低いので、必中熱血幸運MAPサテライトの餌食で
両方の強化パーツをおいしく頂かれる。
サテライトランチャーやフロストコンビネーションも使い、
プロペラントタンクをたくさん積んでおり、EN切れの心配は大丈夫。




【地球が持たんときがきているのだ】
シャアがアクシズをおとしている際に
言った言葉。
いや、そんなことしたら地球壊れるんじゃとは
原作では誰も言わなかった。
そう、突っ込んでもよさそうなのだが。




【地球は今狙われています】
なんだ、またエイジかよと思われるが、こっちはCBガンダム第2話でベラ・ロナが言った台詞。
ほとんど同じだが、敬語であることと“今”が付いているのがポイント。




【地球は狙われている】
このスレでもすっかり有名人なレイズナーのエイジの名台詞…迷台詞?
これを文字った警告は、このスレのお約束の一つとなっている。




【地球帝国】(出展:トップをねらえ!)
西暦2008〜2012年の第二次日米戦争における日本の圧勝をもとに、2013年に樹立。
政治形態その他詳細は全く語られておらず不明。
まあ、トップ世界の登場人物がみんな日本語で会話してる理由付け用の設定だろうからそんなもんか。
名前の元ネタはA・C・クラークあたりか?

スパロボ世界では地球連邦がずっと頑張ってるので登場する機会はないだろう。




【地形適応】
Aで十分だがSだと素晴らしくB以下だとろくに活躍出来ないこととなる
Aの補正1.0倍とSの1.1倍の差はそれほどでないがAとBの0.8倍の間には超えられない壁が存在する
これは過去のSランクが存在しないウィンキー時代やインパクト以前でも同じである
第4次のダンクーガ(地形適応全部B)テラカワイソス




【地形適応S】
能力が通常の1割増しになるdデモない地形適応
OG2のソルプレッサ、サルファのバクゥやディンの地形適応がこれだったため
この二作をやった人は苦しめられた・・・はず




【チャージなどさせるものか】 出典:冥王計画ゼオライマー
月のローズゼラフィーと葎との戦いで、Jカイザー用の衛星を破壊する際にマサキがつぶやいた台詞。
ネタ扱いされるようになったのはCDドラマ大冥界で、
『チャージ』という単語が出るたびに『チャージなどさせるか!』と叫んでいたことから。

最近では『○○!』『○○などさせるか!』というコンボで使われる。



【チャン・ウーフェイ】出典:ガンダムW
こう書くと一瞬誰だか分からないが、ごひこと張五飛である。
毎回必ず自軍から裏切ると言われているがニルファ(プレイヤー視点)とDでは裏切らない。
こう見えて既婚者であり、愛機をナタクと呼ぶのは嫁さんのことを忘れないためである。
ちなみに「正義正義」うるさくなったのは嫁の死後(本編直前)から。

そしてあえて言おう!ズール様が正義だと!




【中将】
要塞や大艦隊といった師団規模の軍隊の総司令官であり
非常に大きな権限を持つ階級。
大要塞規模の旗艦に座して、地球圏の命運を賭けた戦いに挑む
タシロ提督もおそらくこの階級であろうと思われる。
ちなみにタシロ提督にこの戦力と任務を与えるのが大将の仕事。




【超時空要塞マクロス スクランブルバルキリー】
スーパーファミコンでバンプレストが発売したSTG。
独特の三段変形はゲーム内でも再現されており、ボタン一つで変形可能。
自機はマックス機、輝機、ミリア機、の中から選択可能。
シナリオはゲームオリジナルで、あの方々は原作での扱いを踏まえてか一切出て来ない。
STGとしてもなかなか骨があり、キャラゲーなんて糞!と思う人はぜひ!




【超獣機神ダンクーガ】
スパロボの影響で八十年代を代表するロボットアニメ的な印象が強い作品。
ムゲ・ゾルバトス帝国に占領されている1985年の地球が舞台である。
シリアスなストーリーとは裏腹に見ていてアホらしくなる展開が満載な上に十六話まで合体は無い。
合体後は静止画像の鉄拳で戦い、断空剣・砲が出てくる前に打ち切られた。
後にOVAで補完されたが、「ネタアニメ」としての域を出ない事は
視聴者のほぼ全員が認めている事と思われる。
スパロボにおいて最も原作再現率が高かったのは64で
ムゲ帝国の地球占領や飛行ユニット装備イベントもあるのだが、
笑い所を全てとっぱらいシリアス面のみを取り上げてしまったが為にスパロボで知った人に大きな誤解を
与える結果になってしまった。
このスパロボ補正はスパロボシリーズがリリースされていく中でどんどん強化されていき
ダンクーガのスタッフも協力を惜しまないもんだからすっかり別物になって来た。
近頃はダンクーガにブラックウイングが合体した「ファイナルダンクーガ」が登場したり
シャピロ戦闘メカに「デザイア」と言う名前が与えられた。
最早「バンプレストオリジナル・超獣機神ダンクーガ」である。




【超重力衝撃波の影響】
SDF艦隊零番艦の自沈によって
太陽系は超重力衝撃波による被害を受けた。
地球ではイージスシステムを起動させる事でどうにか防ぐ作戦を立てた。

失敗→地球文明消滅。しかし人類はゴキブリの如く生き残り
数万年を経ても地球と月で元気に生きている。
(ターンXがあると言うことは、外宇宙でも元気にやってる模様)
地球人類万歳。

成功→地球文明無事。しかしアポカリュプシスの発生で
銀河系そのものが危機的状況に陥ってしまう。

どっちが良かったのやら




【超念動フィールド】
サルファにてゲベル・ガンエデンとケイサル・エフェスに搭載されているバリアで
全属性のダメージを2000軽減する。消費ENが20とバリアの中でも多めだが
機体のENが高い上にゲベルは武器にEN吸収効果があるので封じるのは厳しく
結局は直撃とバリア貫通武器に頼ることになる。




【超能力】
新で初登場
αシリーズでは命中回避CTに補正。念道力とほとんど変わらん・・・
ズール皇帝が君臨した作品では必ず命中回避攻撃力に鬼補正がかかる。
このせいでゴッドマーズ、マリアはヒジョーに使い勝手がよくなる。
ガイキングもゴッドマーズと一緒に出ればかなり強くなれるだろう。
その場合お約束の魔竜>ガイキングが発動して戦艦が魔竜1強になる可能性もある・・・

新の超能力はSP消費を80%に抑える。(例:SP消費40の熱血→消費32に)
あと命中・回避に+3。

MXはSP回復1ターン後に20%




【超電磁スピン・ビクトリーストライク】
4機の超電磁ロボ
コン・バトラーV6・ボルテスVII・ダイモス・フォボスが
フォーメーションを組み使用する最強の必殺技

第2部ではダイモス・フォボス・コンバトラーV・ボルテスV・ダルタニアスが使用
強化パーツの変わりにダルタニアスの火炎剣を加速レールにした




【超電磁大戦ビクトリーファイブ】
勝利の5人と書いてビクトリーファイブと読む
コン・バトラーV6・ボルテスVII・ダイモス・フォボス・マグネコング

2部なんてものは知らない




【超兵器ヘッド】 出典:大空魔竜ガイキング
ガイキングが頭部装甲を分離(フェイスオープン)して発動する必殺武器モード。
これによりアブショックライト、ガイキングミサイル、デスファイヤー、デスライト、エレクトリックガンなどの武器を使用可能になる。
(設定を読む限りではどれもハイドロブレイザーより弱いはずだが気にしてはならない)
新ではFO後に武器が増加したが、
αシリーズではアブショックライト→ガイキングミサイル→デスファイヤーをまとめた武器になった。

見た目は当時ロボットものなどのノウハウが無かったとはいえ、相当な悪役面。
まあ、ガイキングは元々ドクロ顔だのデスだのキラーだの悪役臭さが漂ってたが。

リメイク版のガイキングLOEにはフェイスオープンはガイキングのスーパーモード、
デスファイヤーはサポートロボであるキルジャガーとの合体技、
超兵器ヘッドの見た目はボスキャラの超魔竜ドボルザークとして登場している。
「なんて禍々しい」は言いすぎだヴェス子。




【超竜神】
OVA「FINAL」にて、2回も「真っ二つ」を経験。
(2話と8話。両方無事)
8話の「頭からチェーンソーで真っ二つ」はグロくは無いが
絶叫も相俟って結構悲惨な画面に仕上がっている。



【直感】
サルファより追加された精神
既存の精神「必中」と「ひらめき」が同時にかかるというお得な精神である
主にリアル系の方々に導入された
当てて避けるというリアル系の持ち味を再現できた精神だと思う




【チョバムアーマー】
出展:機動戦士ガンダム0080  ポケットの中の戦争
NT-1アレックスに装備されたもので、相手の攻撃を受けると同時に爆発しダメージを相殺する。
スパロボでワルキューレやガーランドに付けて、安否が心配になったのも私だ

中空装甲内部にハニカム構造のセラミックスを挟んでいる複合装甲。
現実に存在する技術であり、英陸軍のチャレンジャー1型などに採用されている。
ポケ戦のNT−1に採用されているものは、炸薬を内蔵する
リアクティブ・アーマーであるが、「チョバム・アーマー」という用語そのものに
リアクティブ・アーマー的な意味合いはない。



トップへ
トップへ
戻る
戻る



inserted by FC2 system